2014年01月18日

いま注目の青春バディ?コミック


 友だち、ライバル、同志――そのどの枠にもとらわれず、同時にそのすべてでもある特別なつながり、それがバディだ。いま、生涯をともに歩む相棒――男と男のバディを描いたマンガが、人気を集めている。『ダ?ヴィンチ』2月号では、対決を宿命づけられた二人、互いを不可欠として成長し合う二人など、数々のバディ?コミックを紹介している。ニューバランス 1400

 才能が、技術が、身体能力が、自分には欠けている。誰しもそんなコンプレックスを抱いたことがあると思う。自らの中で熟成されるこの感情は、一人では解決できない。その呪縛から解き放ってくれるのが、バディとの関係だ。

 『SOUL CATCHER(S)』の神峰は、心が見える能力に苦しめられていたが、刻阪と出会い指揮者という夢を見つける。

 コンプレックスに思っていたことは、欠点ではなくむしろ長所たり得る。これは単純だがなかなか気付くことのできない事実だ。バディがその一歩を踏み出す光明となる。

 『ハイキュー!!』で描かれるのは、ジャンプ力は抜群だがバレーボールの技術は荒削りだった翔陽と、突出したセッターのセンスを誇るがチームメイトを信じられなかった飛雄。二人は互いの欠点を補い、絶対的な名コンビとなる。

 「亜人」かどうかなんて関係ない。『亜人』では、幼なじみのカイの信頼のおかげで、圭は醜い憎しみの感情に抗うことができた。

 成長とは、自らを知り受け入れること、自分の存在を肯定することだろう。それは一人ではできない。青春の道程、そしてその後の人生において、アディダス スニーカー私たちはバディが必要なのだ。不可能だと思っていたことが可能になる。人生の扉を一つ一つ開いていく確かな力をバディは与えてくれる。
posted by mogusunwjy at 15:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。