2014年01月21日

残留か日本球界復帰か引退か……考えた3つの選択肢。


 しかし、そんな黒田でも、昨シーズンが終わった時点で日本球界復帰のみならず、アディダス スニーカー現役引退も真剣に考えていたという。

 だが彼が最終的に下した結論は、自身にとって最も困難な道である「メジャー残留」だった。

 「去年に関しては、シーズンが終わった段階でもう1年メジャーでやる、日本に帰る、それにプラスして引退というのも考えていました。その3つの選択肢があった。(その中でメジャー残留を選んだのは)それだけ(ヤンキースからの残留要請などで)評価してもらっているというのが一番です。あとは折角自分で1つ1つ段階を経てここまで上り詰めてきたのに、ニューバランス 1400それを放棄していいのかというのを考えました。

 現時点で引退を選んでしまうと、終わった後に自分の中で後悔するんじゃないかというのもありました。とにかくここまで来たら続けるというか、走り続けるしかないかという気持ちですかね」

 2008年にメジャー挑戦して以来の成績をみればわかるように、黒田は決して最初からずば抜けた成績を残してきたわけではない。
posted by mogusunwjy at 12:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。