2014年01月03日

13年ヒットドラマ続編はある?


 2013年はドラマ界にとってまさに話題豊富で賑やかな1年だった。ヒット作の中には、完全新作のものもあれば、シリーズものもあり、バリエーションに富んだものとなった。数字的にも高視聴率作品が続出した反面、数字はそこまで伸びなくても内容で高い評価を得た作品もあり、さまざまな形で続編の期待が高まる作品が多数出たこともその特徴だろう。

 13年を語るのに欠かせないのはやはり、7月クールの大ヒット作、TBSの「半沢直樹」(日曜後9?00)だ。

 ドラマのラストシーンが続編を期待させるものだったこともあり、続編への期待は高まるばかり。原作小説の続編「ロスジェネの逆襲」はすでに50万部の大ヒットとなっている。同作のプロデューサーは伊與田英徳プロデューサーは流行語大賞の授賞式に出席した際、「ご期待に応えられるよう頑張りたい」と続編制作に前向きな姿勢を見せている。それがドラマの続編なのか、ニューバランス 574映画になるのか、今後の展開を大いに期待したい。

 同じく堺が主演を務めた10月クールのフジテレビの「リーガルハイ」(水曜後10?00)は初回21?2%でスタートし、その後も安定した人気を得て、最終回18?9%、全話平均でも18?4%を獲得。人気法廷ドラマのシリーズ2作目となるが、今回は最高も平均も前作超えとなっており、フジテレビ側はさらなる続編の制作にも意欲的だと言われている。

 視聴率的にはそこまで伸びなかったものの、評価が高く、続編を期待されたものもある。それは1月クールのフジテレビの「最高の離婚」(木曜後10?00)だ。同作は瑛太(31)が主演した2組のアラサー夫婦の未熟な結婚観を通して、夫婦?家族の本質について軽快にリアルに描いたラブコメディー。同世代の視聴者を中心に、共感を呼ぶドキっとさせるセリフが多いと話題となり、放送後も数々の賞を受賞した。主人公たちのその後を知りたいと続編を望む視聴者の声が届き、2月にスペシャルドラマとして返ってくることが決まった。

 一方、現時点では続編制作には否定的な声が出ているものもある。その代表格が大ブームを巻き起こした能年玲奈(20)主演のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」だろう。

 全身全霊で半年間の物語を書き上げた脚本の宮藤官九郎氏(43)は続編には否定的なコメントをしており、能年がクランクアップ時に続編への希望を口にした以外は出演者からも前向きな声はあまり聞こえてこない。同作をきっかけにブレークした役者も多く、現実的にスケジュール的に厳しいという面も指摘されている。いまだ続編を期待する声が高い作品だけに、今後の動向が気になるところだ。

 また10月クールに放送され、2年連続で10月クールトップとなる26?9%を獲得する大ヒットを記録した、米倉涼子(38)主演のテレビ朝日「ドクターX~外科医?大門未知子~」(木曜後9?00)もプロデューサーが続編制作へ否定的な見解を示している。前作を上回るヒットとなり、ラストシーンもまだまだ続いていくようなものだったこともあり、視聴者からはさらなるシリーズ化への期待の声も聞かれている。

 続編の制作にはさまざまな問題もある。ストーリー的に無理が出てきて、「やはり最初のほうが良かった」と言われることも少なくなく、10月クールの「ドクターX」や「リーガルハイ」のように、2作目がより高い評価を受けるというのは稀なことなのだ。「半沢直樹」のように、原作がすでに存在していても、出演者のスケジュールの問題なので破談となることもある。ニューバランス 996物語のマンネリ化、新鮮味の無さを指摘されることもある。逆に、シリーズものであるがゆえの安心感があるのもまた事実。視聴者としては何よりもより面白い作品をみたい!という気持ちが重要なだけに、いろいろな形での進化系としての続編の誕生を期待していきたいところだ。
posted by mogusunwjy at 18:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

わずか1シーズンで引退したワケとは


 佐田が東方でプレーしていたのは1シーズンのみ。そこで現役生活を終えている。あっさりと辞めてしまったのは兄とのある約束があったからだ。

 フォークグループ「グレープ」でデビューしたさだまさしだったが、75年にグレープを解散、独立しソロで活動することになる。それに伴い佐田は、兄との約束を守り、歌手さだまさしを支えるようになる。

「もちろんまだまだプレーできましたよ。ニューバランス スニーカーただ、さだと中学生の時に交わした約束が忘れられなくてね。さだからしたら、そんなに深い意味はなくて何の気なしに『独立したときは手伝ってくれよ』と言ったのかもしれません。

 僕はただ『わかった』とだけ言ったんですが、どうしてもそれが頭から離れなくて。それでスパっと決断したんです。その約束がなければもう少しプレーしたかったですけどね」

 歴史にたらればは禁物だが、夢想してしまうのは人間の性だ。もし佐田が、もう少しだけ長く現役を続けていたなら、どうなっただろうか。今のような海外組隆盛の時代がもっと早くに到来していたかもしれない。とすると、W杯初出場も現実より早くに……ニューバランス レディース。そんな想像も悪くはない。
posted by mogusunwjy at 15:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「これまでと同じでは通用しないわけですから」


 今の海外組が実感する“世界との壁”も体験済みだ。日本ではボールを前に蹴り出すと、俊足で相手DFを置き去りにすることができた。ところが香港ではそうはいかない。

 当時イギリス領だったこともあり、技術のあるイングランド人選手も多く、また戦術的にも進んでいる。「佐田は足が速い」ということがわかると、対戦相手は機動力のあるDFをぶつけてきて佐田の自由を奪いにきた。ニューバランス 1400

「最初は苦戦しましたし、流石だな、と思いました。ただそこで、味方の使い方や駆け引きを覚えましたね。これまでと同じでは通用しないわけですから」

 体の大きい相手に対してはどうだったのだろうか。佐田の身長は171センチほどだ。

「まともに競り合っても当然勝てません。だから、ジャンプする前に一度体をぶつけるんです。そうすると、相手の体勢が崩れてヘディングしやすくなる」

 壁にぶつかると、技術を磨き、アプローチの仕方を変え、適応を図る。まるで今活躍している海外組のようだ。現在の選手たちについて佐田は「本当に技術的に向上している。世界でも引けをとらない」と賛辞を送るが、「ハングリーさは昔の方が上だったかもね」と語る。

 たとえば、―ある試合で佐田は右足を激しく削られた。捻挫や骨折ではなかったが、くるぶしの辺りがパックリと割れ、骨が見えていたという。

「急いで病院に向かったのですが、医者が麻酔もなしに骨をグッと押し込んで、軽くテープを巻いて治療は終わり。びっくりしましたよ。

 実はテープに石膏のような成分が含まれていて固定はできたのですが、今度はガチガチに固まってまったく動かない。『おい、これ外してくれ。サッカーできないだろ』と言ったんですが、『絶対ダメだ』と。しばらく押し問答を繰り返しました」

 そんな状態でも佐田は次の試合出場を監督に直訴する。現地では試合に出なければ意味がない。レギュラーと控えの差はごくわずか、ケガなどしているとすぐにポジションを失ってしまう。そして何より「削った相手に仕返ししたかった」という。

「せめて10分だけ」と懇願した佐田は、ケガを押して試合に途中出場。因縁の相手を見つけると激しく当たりにいく。次に気がついたのは病院だった。アディダス スニーカー2人とも脳震盪で倒れ、病院送りになったという。「病院ではなんと隣同士のベッドに寝ていました。相手はその時のことをまったく覚えていないようでしたから、『大丈夫か?』なんて声をかけてそっと逃げてきましたよ
posted by mogusunwjy at 15:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。